スタディツアー報告②

1月7日にはRICD(政府の保健省機関)の車いすプロジェクトへ2台の車いすを寄贈しました。このプロジェクトでは、海外から集められた車いすを必要とされる人のところにサイズや障がいに応じて渡されるとのことでした。

画像


車いすだけでなく、杖や歩行器等さまざまなものが集められます。障がいのある人に渡される時には、使用方法・注意事項が教えられるとのことでした。日本の車いすはタイの人の体のサイズに合うことや、丈夫であることの理由で、いつも歓迎されます。

画像

(ベルギーからのボランティアのルークさんは申し込み者リストを手に説明してくれました。)

日本には使われなくなった車いすはたくさんありますが、運搬方法や税関の事情でたくさん持っていくことができません。

「使われない車いすがある」こと、「必要としている人がいる」こと。この問題を解決できたらいいのですが。


画像

この写真はランプーンの村で少年に車いすが渡ったときのものです。日本では、ほぼ普通に手に入る車いすでも、他の国ではそうではない現実があります。
これからも、一人でも多くの人に車いすを渡すことができ、そして、その人の生活がより豊かなものになることを願っています。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

HFF THAI
2013年01月16日 17:15
障がいのある少年が、寄付された車椅子を使って初めて自分の意思で動いた時の笑顔は忘れられません!多くのご協力いただいた皆さんの善意に感謝申し上げます。
isamu.O
2013年01月17日 21:06
タイ滞在中はお世話になりました。参加者はそれぞれの立場で考えるところがあったようです。本当にありがとうございました。

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: スタディツアー報告② ヒーリングファミリー財団(HFF JAPAN)/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-05 16:38
  • エアマックス 95

    Excerpt: スタディツアー報告② ヒーリングファミリー財団(HFF JAPAN)/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 04:46